コムロクリニックは銀座・大分・宮崎にて、皆様のコンプレックスを解消して、理想を創る安全な美容整形を行っています

コムロクリニック
男性のお悩み解決
  • メール問い合わせ
  • 無料カウンセリング

腫れと痛みを最小限に抑える安心安全なコムロ術式を駆使して、美容外科・美容整形の業界を25年間牽引しています

  • 2020.05.18

    文字を太くすることが出来ます。 イタリックにすることも可能です 文字の色を変えることもできます。 文章の右寄せも可能です すぐ下に改行をしたい時は「shift」を押しながら「Enter」を押すと すぐ下に開業ができます。 「Enter」だけ…

    続きを読む

  • 2020.05.18

    そのとき、風がどうと吹いてきて、草はいちめん波だち、別当は、急にていねいなおじぎをしました。 一郎はおかしいとおもって、ふりかえって見ますと、そこに山猫が、黄いろな陣羽織(じんばおり)のようなものを着て、緑いろの眼をまん円にして立っていまし…

    続きを読む

  • 2020.05.18

    その草地のまん中に、せいの低いおかしな形の男が、膝(ひざ)を曲げて手に革鞭(かわむち)をもって、だまってこっちをみていたのです。 一郎はだんだんそばへ行って、びっくりして立ちどまってしまいました。その男は、片眼で、見えない方の眼は、白くびく…

    続きを読む

  • 2020.05.18

    一郎は滝に向いて叫(さけ)びました。 「おいおい、笛ふき、やまねこがここを通らなかったかい。」 滝がぴーぴー答えました。 「やまねこは、さっき、馬車で西の方へ飛んで行きましたよ。」 「おかしいな、西ならぼくのうちの方だ。けれども、まあも少し…

    続きを読む

  • 2020.05.18

    おかしなはがきが、ある土曜日の夕がた、一郎のうちにきました。 かねた一郎さま 九月十九日 あなたは、ごきげんよろしいほで、けっこです。 あした、めんどなさいばんしますから、おいで んなさい。とびどぐもたないでくなさい。 山ねこ 拝 こんなの…

    続きを読む

  • 2020.05.18

    「いらっしゃい、いらっしゃい。そんなに泣いては折角(せっかく)のクリームが流れるじゃありませんか。へい、ただいま。じきもってまいります。さあ、早くいらっしゃい。」 「早くいらっしゃい。親方がもうナフキンをかけて、ナイフをもって、舌なめずりし…

    続きを読む

  • 2020.05.18

    「いろいろ注文が多くてうるさかったでしょう。お気の毒でした。 もうこれだけです。どうかからだ中に、壺の中の塩をたくさん よくもみ込んでください。」 なるほど立派な青い瀬戸の塩壺は置いてありましたが、こんどというこんどは二人ともぎょっとしてお…

    続きを読む

  • 2020.05.18

    「これはね、外がひじょうに寒いだろう。室(へや)のなかがあんまり暖いとひびがきれるから、その予防なんだ。どうも奥には、よほどえらいひとがきている。こんなとこで、案外ぼくらは、貴族とちかづきになるかも知れないよ。」 二人は壺のクリームを、顔に…

    続きを読む

  • 2020.05.18

    また黒い扉がありました。 「どうか帽子(ぼうし)と外套(がいとう)と靴をおとり下さい。」 「どうだ、とるか。」 「仕方ない、とろう。たしかによっぽどえらいひとなんだ。奥に来ているのは」 二人は帽子とオーバーコートを釘(くぎ)にかけ、靴をぬい…

    続きを読む

  • 2020.05.18

    「こいつはどうだ、やっぱり世の中はうまくできてるねえ、きょう一日なんぎしたけれど、こんどはこんないいこともある。このうちは料理店だけれどもただでご馳走(ちそう)するんだぜ。」 「どうもそうらしい。決してご遠慮はありませんというのはその意味だ…

    続きを読む

Copyright © コムロクリニック All Rights Reserved.